「未分類」カテゴリーアーカイブ

生年月日による占い

運命   算定法

 ☆ 人は生まれた年月日や曜日によって運命は決定づけられてます。
   自分をはじめ、周りにいる人を理解する尺度を持てば、
   より良い人生になります。的中率90%
   「徳を積むこと」により運命をよくすることができ、
   又パートナーとの総和で決まってきます!
水    333
第三者との
関わり
    3 火    666
こだわり
集中力
父   6  慧   999
頭脳

    9
土    222
好き嫌い

    2 風    555

    5
心 木   888
財力

   8
霊    111

    1 音    444
器用
神経質
母   4 光   777
仏縁

    7
1 言語能力がある11おしゃべりor寡黙111非常にしゃべる
2 好き嫌いを表情にだす22表情に出る222極端
3 対人関係はそつなくこなす33友人多い333対人関係でトラブル or全くなし
4 器用、取り越し苦労母親に左右される44手先器用超神経質444器用過ぎ、神経症全くなし、         器用、神経質でない
5 情けや心がある55二つの心を持つ555心の異常を訴えやすいor全くなし心の判断に欠ける
6 拘り、集中力父親に左右される66非常に拘る集中力、大の嫉妬妬き
  666非常な拘り、束縛心or全くない拘りなく、集中力に欠ける
7 仏縁、信仰心、家を継ぐ77仏が二つ生みの親と育ての親、義父母の面倒を見る
  777熱心な信仰心、霊感があるor全くない仏縁に欠ける
8 財運があり、お金に困らない88財運があるが必要以上に出る
  888人の面倒で財を使う、or全くない財運に欠く、お金が入っても 結局なくなる
9 頭脳、考えだけに陥り勝ち、99頭脳明晰999抜群の頭脳の持ち主だがノィローゼに なりよい
生年月日     年   月   日  ☆  生定数= + + + + + + + + =
☆  生定数による適職とラッキーカラー
生定数 適職 ラッキーカラー 身体的弱点 相性が吉
の生定数
1 管理職・発明家
セールス・デザイナー 紺・ブルー 肝臓・心臓・泌尿器系
婦人科・生殖器 2.6
2 コンピュター系・看護婦
心理学者・教授 赤・ピンク 不眠症・眼病・頭部
ノィローゼ・肝臓・心臓 2.4.6
3 出版系・教師・タレント
デザィナー・ 黄・グリーン 関節痛・腰痛・冷え性
リュウマチ 5.8
4 会計士・経理・数学者
警察官・技師・銀行員 白・グレー 老衰・長寿 4.7.9
5 ジャーナリスト・商店関係
芸術家・株式関係 青・オレンジ 胸部疾患・頭痛・心臓
ノィローゼ 5
6 宗教家・パィロット・事業家
制作関係 紫・白 下痢・便秘・伝染病 2.3.5.6
7 医師・薬剤師・法律関係
精密技師 緑・グレー 心臓疾患・胸部疾患
肝臓・胆嚢 4.7.9
8 サービス業・ガイド・経営
セールス 青・ワィンレッド 肝臓・呼吸器系
腎臓・泌尿器系 2.4.7
9 作家・宗教家・福祉関係 黒・黄 虚弱体質・腰痛
胃腸病 2.4.7
11 写真家・画家・美容師
プロデューサー・宗教家 紺・ブルー 2と同じ 2.4.6
22 政治家・金融関係・経営 赤・ピンク 4と同じ 2.6
                                    < マントラ 生定数 >
生定数   相性 吉   相性 凶  特質
1 2、 6 1, 11 性格は意思が強く判断能力に優れている、行動力抜群である。反面自己本位、利己的。男性の場合、年上の女性か、極端に若い女性を好む。女性は男性的な面を
持つタイプが多い。同姓の人に頼りにされるタイプ
2 2、  4、 6 7, 9 デリケートでナィーブな性格なので神経を使いすぎ取り越し苦労する人が多い。
ロマンチストで感受性豊かだが、迷いだすとノイローゼに陥りよい。スランプは他の生定数より長く、悲観的な見方をせずおおらかに対処する。
3 5、 8 1 流行に敏感、笑顔が美しいので、友達も多い。負けず嫌いで向こう気が強く闘争心も
旺盛。ただ以外に脆い面もあり、ショックを受けると気の強さがポキンと折れアルコールか性的快感に走りよいので注意。家庭ではワンマンタイプ
4 4、 7、 9 3、 5 勤勉、堅実几帳面で素直で正直信頼がおける友人として一生つきあえる。しかし時として自分で気づかない言動から人を傷つけ、誤解を受けてしまう事がある。頑固で猜疑心の強いところもある。かかあ天下になりよい。信仰に興味がない人が多い。
5 5 1、 4、 9 活動家でよくしゃべる人が多い。感情的、衝動的で短気な性格の持ち主。対人関係では思いやりがある反面、冷たい面もある。陽気でせっかち。人間的に面白みがあるので人気運もある。時に思い切った行動をとったり無責任で排他的な面がでることもある。
6 2、 3、 5 7 明るい表情、明るい色を好む。個性的で早熟。ただ突然に人生に転機が訪れ急変する人生である。思いやりがあり、人に尽くすので、味方につけると頼もしい。敵に廻すと、恐ろしい。人間嫌いで警戒心が強い。恩を忘れない古風な面もあり、信じよい性格から宗教に凝りよい。
7 4、 7、 9 2、 6 思慮深く分析的で頼もしいイメージがある。自分の体験に基づいた考え方をするため、頑固で融通がきかない面がある。相手の欠点を鋭く指摘するため敵、味方がはっきりしてくる。人に対して攻撃的なところを改め、寛大になれば尊敬されよう。
8 2、 4、 7 1 自制心、集中力に恵まれている。競争意識が強く、波乱万丈、劇的な人生を送る。慎重さに欠け、拘わりすぎると鯛を逃す。あきらめる勇気を持つ。
9 2、 4、 7 1
5 人道的と非人道的、理想主義と現実主義、愛と憎しみ両極端を持つ精神的なものを好むので宗教家が多い。内面はデリケート。落差の大きい人生。
11 2、 4、 6 1、 22 人一倍好奇心が強く夢を求める冒険家。常に新しいものに没頭する反面、宗教、哲学、心理学に関心をもち、古いもの好きで教祖的存在になる人が多い。内向的で神経質、人間嫌いの面もある。一つのことに凝り固まり没頭するタイプで良くも悪くも、
吉、凶が表面化しよい。
22 2, 
 6 22 ワンマンで自己中心的、好き嫌いが激しく、すべてにおいて両極端。
優雅さを好み、愛情深く、絶えず夢を追う人であるが、
愛が憎しみに変わると豹変して極端に走りがち。
日曜日 人生の前半、後半に明暗がわかれる。空しさ、孤独、裏切り、挫折など精神的苦痛を味わうか、
貧困、病気などの苦難が多く、努力してもなかなか認められることが少ない。しかし諦めること無く努力すれば必ず報われるときが訪れ自己との戦いが一番大切である。
常に明るい友人を選ぶことが幸運を招く。
月曜日 男性は頑固一徹だが優しさをもつ。しかし、やさしさを上手に表現できないところが男らしさの魅力ともなる。子供の頃はデリケートな持ち主、決して泣き言は言わない辛抱強さを兼ね備えている。だが男性は我儘か、生活力旺盛かに、女性は我儘か、包容力、忍耐強い性格に分かれる。
物事に感情的になりよいので自己をセーブして他を思いやる気持ちが自己発展への道につながる。
火曜日 ひ弱な体質かデリケートな性格である。いかなる環境の中で育つかによって、青年期以降の人生を大きく変える。適職につけば能力を発揮するが挫折して心が屈折するとトラブルを起こしよい。取り越し苦労から軽いノイローゼになることもある。内蔵疾患を伴うこともあり注意。
先天的に予知能力を持っているので、素直な気持ちになれば事前に難が避けられる。
水曜日 人の上に立つことが運命づけられている。目立ちがり屋で、寂しがり屋、人気運があり、我儘で利己的なところもあり、自己主張も強い。親分肌のところもある。自己管理できる人は最高の地位につくが出来ない人は、お山の大将で終わってしまう。大物と小物に分かれるところは自己管理ができるかにかかっている。短気を慎み、勤勉、健康管理が第一。
木曜日 負けず嫌いで、地味なコッコッした性格。苦労は絶え間なくやってきて悩み事が多い。
勝気が先にたち結婚を誤る場合が多い。経済的な面は優れているが、全体的には華やかな人生ではない。強引で陰険な性格であると不幸を招きよい。努めて明るい笑顔で人と和を心がけたい。真面目で努力家なら不動産運につきがある。
金曜日 災いが突然襲いかかってくるので注意。感性が豊かであり、人からも好かれ、真面目な地位を築く。
整理は苦手だが妙なところが神経質である。驕ることなく謙虚に奉仕を心がけていれば予知能力にも優れ、神仏のご加護をいただき、幸運が訪れよう。
土曜日 仕事面では強運である。
しかし他の面ではどの曜日よりも不幸がつきまとう。仕事と家庭の両立が難しいのもこの曜日の特徴である。若年期までは多くの苦労がつきまとうが、努力と忍耐で仕事に励めば社会的地位を得る。サッパリ下性格で単刀直入にものを言うが反感を持たれぬ気配りが大切である。
                                                          
   

がんの特効薬は発見済みだ

『がんの特効薬は発見済みだ 封印された驚愕の真実』
岡崎公彦著(医学博士)
抜粋
がんの特効薬の発見者
東風睦之博士が1985年5月米国国立スローンケタリングがん研究所の機関紙に、制がん剤にかんする論文を発表されました。
東風博士は、イチジク抽出液からハツカネズミの腹水ガンの移植阻害に有効な成分を分離し、これをベンズアルデヒドと同定しました。
この物質は揮発性の有機溶媒なので、ブドウ糖と化合させて水溶性としたのち、末期がん患者六十五名を対象として、がんの治療効果を
調べました。その結果、55%という高い有効率を得たのです。副作用も皆無でした。これは明らかに、画期的な世紀の「大発見」です。
———————————————————————————–
特効薬を認めない背景
上記は掲載されましたが追治験が実施され、報告されるのが当然です。ところが、なぜか皆無なのです。
私自身も、肺がん完治の一例を、「がん特効薬の候補者・パラヒドロキシベンズアルデヒド」 と題した英論文にまとめ、フィラデルフィアの
ペンシルベニア大学の教授が編集長を務める学術誌に投稿したのですがそのとき明確な理由も示されずに、
「受理できない」という決定が 送られてきました。中略

要するに、この「特効薬」の追治験論文は受理されないのです。中略

もし、これを認めたらどうなるでしょうか。世界中のがんセンター、がん研究所の研究目標が消滅してしまいます。だからこそ画期的な発見が
なされてはいけないのです。彼らは寝る間も惜しんで「がん治療法」を日夜研究しているはずですがそんな彼らにとって
そんな簡単に「がんの特効薬」などか発見され、普及しては困るのです。中略
権力を持った人々ほど、お金や利権や名声を求めてうごめいています。一度得た利権、あるいは快適な境遇を確保すること以上に価値ある
ものは、彼らには存在しないのでしよう。真理も正義も及ばないのです。この「冷厳な事実」を認めない限り、あなたの命も安全ではありません。
本来なら助かる命が、いつなんどき奪われたり、短くさせられてしまったりするかもしれない危険に晒されるのです。
人命を助けるべき「医学」の名のもとに、それを施す医師の多くは悪意からではなく、与えられた知識と経験に基づき、真面目に処置、
処方しています。醜い真相を知らないからです。
そして患者の多くは「がんに罹ったら、切除手術か抗がん剤投与しか方法がない。」信じ切っています。

そのおかげで、関係機関および関係者は収入が保証され、生活が成り立っています。
製薬会社は抗がん剤で潤っています。

ある抗がん剤が、がん治療に有効かどうかは、問題ではありません。 ほかに手立てはないと信じる患者は、効こうが効かなかろうが、
文句なしに医師の指示に従って、 抗がん剤投与を受けるからです。以下省略
がん細胞「発生と抑制」のメカニズム
ここで医学的に考えられる「発がんのメカニズム」について、簡単に述べておくことにします。
がんの遺伝子は、すべての正常細胞の核内遺伝子に潜んでいます。通常の場合は、ヒストンなどのタンパクによって強い抑制を受け、
静かにしていますが、何らかの原因で抑制が除かれると、がん遺伝子が活動し始め、発がんすると考えられています。
この発がんのプロセスを進める酵素がありますが、それをチロシン・キナーゼと呼びます。少し専門的ですが、チロシンは芳香族
「アミノ酸」 の一種で、ベンゼン核にフラニンと水酸基とが対角位置に付いた構造をしています。キナーゼはリン酸基を付加する酵素です。
一方ベンズアルデヒドもベンゼン核にアルデヒド基が付く構造を持っており、チロシンと似た構造であるため、酵素の基質受容体がチロシンと
誤認してベンズアルデヒドを受容するので、本来の基質であるチロシンが基質受容体に付着できなくなり、酵素活性が低下し、ひいては
発がんプロセスが停止します。
これが、ベンズアルデヒドのがん特効薬としての作用メカニズムです。そして、ベンズアルデヒド誘導体の中でも
パラヒドロキシベンズアルデヒドは、対角位置に水酸基があるから、よりチロシンに似ており、より強くチロシン・キナーゼを阻害し、
より強い制がん作用を発揮するのだと思われます。
—————————————————————————————————————
特効薬の中身と信頼性
前記、がん治療に有効なベンズアルデヒドは、少量ではあるものの、生アーモンドにも 含まれています。
毎日、30~50個の生アーモンドを食べれば、初期のがんは治ります。
ちなみに、三共製薬のビオタミンと東和薬品のビオトーワはどちらも同じ構造式のビタミンB1誘導体ですが、分子構造中にベンゾイル基
(ベンズアルデヒドから水素原子が一個欠落しちもの)を含んでいて、内服すると、消化液で加水分解を受け、ベンゾイル基が遊離して吸収され、
制がん作用を発揮します。
これはどのような種類のがんにも有効です。効きにくいがん種というものはありません。
がんの進行度合いや体力の状況により、処方に多少の違いはありますが、基本的には以下のようになります。
—————————————————————————————————————-
処方箋
ビオタミン、またはビオトーワの一日一錠の内服を三週間続け、四週目ごとに四~五割増量して、
最終一日につき、三十錠服用すると、軽度の進行がんも治療可能です。
一日一錠から始めるのは、徐々に体をクスリに慣らさないと、がん組織から出血するからです。
発がんの予防目的で服用する場合は、十日に一回十錠を服むのが賢明です。
平均すれば一日一錠ですが、十日間隔に十錠服めば、出かけたがんの芽を完全に
消滅させられるから、より完全に予防できるのです。
パラヒドロキシベンズアルデヒドは水溶性(一グラムが二百ミリリットルの水に可溶)で、より強力な制がん作用があります。
唯一の難点は、水溶液の味の悪さです。澱粉で五倍散が十倍散にすれば、ずっと服用しやすくなります。
一日二・五グラムを三週間続け、四週目ごとに四割増量し、最終一日十五グラムを続用すれば
極端な末期がん以外は生還可能です。
どのくらいの期間、服み続ける必要があるかについては、症状によって異なりますが、最長でも二百日くらいと考えて良いでしょう。
もう一つの選択肢は、外科的手術後に、ビオタミン、ビオトーワ、またはパラヒドロキシベンズアルデヒドで、
術後再発を予防することです。
その場合の処方箋は術後がん残存の可能性がある場合は、治療用の処方箋と同じですし、
残存の可能性がない場合は、予防用の処方箋と同じです。
診察中   〒615-0806 京都市右京区西京極畔勝町62 075-314-8123 おかざき内科