『伝統治療法』

1 伝統治療法『日本式気功法』
< 事例 >
1)-1気功法 グラビトニックス体操(2,000~3,000回/日) この動作を繰り返すだけです。
最強免疫ホルモンが分泌・・・
関英男先生(日本サイ科学会会長超常現象を研究する会)の事例50代で末期がん→95才
グラビトニックス体操

参考HP
http://blog.goo.ne.jp/imaryuu369/e/8cd65815548ed5e554ab3fbb3e002a41
1)-2『日本式気功法』気功法奥義(動作法)

※ 四つの動作法

動画 アドレス

https://www.youtube.com/watch?v=lBDupPXD2z4

(2011年3月食のセミナーにて公開)
「天と地のエネルギーを取り込む法」
たった三分で能力が覚醒・・・
私は20年前、痛風で歩行困難になりましたが、 この気功法で瞬時に歩けるようになりました。^^

ポイントは頭上に入れた「気」を必ず地に戻す動作と気になるところ(異常硬結部等)に左手の手のひらを近づけるだけです。
気功師は欧州で『ヒーラー』として保険治療でき、公的に認められている技術です。
『 遠隔送気事例 参考HP 』
http://www.satokiko.jp/?p=74

・『魔法の呼吸』住吉克明
呼吸法で末期がんを完治。
吐く息のさい、それでいいんだよと唱えるだけ。・・・
参考HP
http://funaiyukio.com/funa_ima/index.asp?dno=200611008
呼吸法はお金もかからずだれでもできる方法。

写真はいろは呼吸法を行った場合の『前と後』


絶大な効果あり・・・
※薬は百害あって一利なしです。(低体温を招き病気を慢性化)
私の食のセミナー資料より

呼吸法は生命力そのものの『ミトコンドリア』を活性化

詳しくは推薦図書『栗ケ丘クリニックセミナー』
< その他 >
自転車に乗る。呼吸も整いリンパ液まで循環し、ペースをつかみよく非常にかんたん。
イギリスの自転車メーカーのラーレーの社長は自転車で見聞を広げているうちに末期がんが治ったので、自転車は健康に良いことに気付き自転車メーカを立ち上げました。
(私は音、音楽が緊張緩和効果が大きいことに気付きCDを上市^^)
薬を飲むと免疫マスターホルモンのメラトニンの分泌を止め、
血流が低下し結果、体温が下がり『千の風一直線』です。
恐ろしことに「抗がん剤」は低体温を招くため癌細胞を活性化し猛烈に増殖させます。
これが現在の治療です。

『体温を上げれば病気は怖くありません』。足湯は最高^^


医療費が税収と同額の40兆円で癌ビジネスだけで15兆円にしているのはO薬会社の戦略です。


日本は医療費で破綻しています。個人負担率を含めるととんでもない・・・揚げ物をチエィンジし、本来の生命力を発揮すれば従来の医療費を半減でき新規投資等に使用すれば雇用機会も生まれ、ひずんだ使途を是正もできます。
消費税の増額、年金カットしか施策出来ない
政治家、官僚は要りません。
これが真の『経済』=『経世済民』ひとを救う政策です。^^

癌の標準治療
①抗がん剤(0.1g7万円)○○g×30回点滴
②放射線治療30回
③特別治療300万円5~6回で、フィニッシュ(○の風)・・・
湾岸戦争で使用されるマスタードガスの用途開発で癌患者にテストしたところたった一割退縮現象が観察されただけで抗がん剤(増ガン剤)として認められた恐ろしいものです。千代の富士しかり、中村勘三郎さんしかり副作用(主作用)で千の風です。
参考HP
http://saigaijyouhou.com/blog-entry-625.html

 

・西洋医学全盛期の感がありますが、17年5月22日国立癌センター」で抗がん剤は効果なしと発表しました。 詳細  2017.4.27 06:57

更新抗がん剤、高齢患者への効果少なく 肺がん・大腸がん・乳がんの末期は治療の有無で生存率「同程度」 政府など調査

例えば肺がんの場合、生存期間が40カ月以上のグループは抗がん剤治療を受けなかった患者のみだった。同様に75歳以上で見た場合、10カ月以上生存した人の割合は、抗がん剤治療を受けなかった患者の方が高く、生存期間も長かった。このため、肺がんでは抗がん剤治療は5年生存率に効果を示さない可能性があると指摘した。胃がんと肝がんについては高齢の患者数が少なく評価を見送った。

・新潟大学の免疫学の『安保徹先生』によると癌による年間の死者は 22年前は15万人、現在、早期発見、早期治療で倍以上の32万人、何もしなければ治っていた。 健康な癌患者が治療で千の風に・・・

ベストセラー『医者に行くのをやめたら病気が治る』の著者

 

2017年6月27日 医師 細川博司氏のFB投稿に対して、私とのやりとりです。

投稿 細川 博司6月27日 10:46 • Fukuoka Prefecture福岡県 久留米市 •..『癌という病気はない 治療するほど 早く死ぬ』

コメント 中村 かずお癌細胞は毎日でき免疫力でカバーしているので大丈夫です。ただし揚げ物は避けないといけません。細胞ががん細胞を検知してNK細胞に駆除命令を出しますが汚濁した揚げ油は細胞膜を汚し検知しない、命令が伝わらないため・・・私が薦めている調理法は心配ありません。また体温を温める習慣があれば癌は心配する病気ではありません。

コメント 細川 博司 御意次第にて候!超いいね!返信 • 1 • 18分前

細川 博司

マンモグラフィーは乳がん発生装置!
決して受けてはいけない!
どうしてもシコリが心配なら、マンモグラフィーは拒否して乳腺エコーだけを受けて下さいませ。
しかし、そこで乳がんの疑いがあると言われても決して貼り生検は拒否して下さいませ。
散らばり拡がりますから。
で、切る焼く盛るから殺されているだけのこと。
癌は怖くない!がん検診や人間ドックで大量に放射線を浴びるから発がんしている。

<自己紹介>癌は怖くない!放射線浴びるから発がんし、かじるから散らばり拡がり、切る焼く盛るから殺される!癌はSHTの照射が最適。驚くほど面白いように消える。福岡県久留米市一番街総合診療所院長医博 細川 博司 拝一番街総合診療所 久留米市 理事長・院長元社会保険小倉記念病院 循環器内科医長出身校: 国立大学医学部 医学科山口県立徳山高等学校に在学していました。

最近、歌舞伎俳優の奥さんが乳がんでお亡くなりになりました。情報操作され早期発見のためマンモグラフィを受診するのは、絶対避けましょう。レントゲンの1000倍の放射線を被爆し発がんの危険性があります。チェルノブイリ原発事故と同等の放射線です。

・がんの特効薬は発見済みだの著者岡崎公彦(医学博士)は人間のあさましい行動により末期がんでも55%の完治率の特効薬を認めない。学会あげての反対に・・・

ベンジャミンフルフォード氏によると製薬会社のねつ造されたデータに医師が利用されているだけ・・・

・私に言わせると「癌は病気の内に入らない」簡単に退縮します。

食べものでは揚げ物を食べないこと。  従来の調理法では揚げ油が細胞膜を汚す為、細胞膜が癌細胞を検知しない上に、NK細胞に駆除命令が伝わらないので無防備になります。(免疫力の低下)

『  伝統調理法で作れば安心です』

 

TOPに戻る